カラダ改造計画! 日々の努力がカラダを作り上げます! 何歳になっても格好良いカラダ維持するために、大いに投資しちゃいましょう。
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:小文字サイズ:中文字サイズ:大
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
19:30:06
こんいちは。moanaです。

先日MSNサイトで特集していた「スロトレ」をご紹介しておりましたが、読売新聞でも「スロトレ」が紹介されていました。

今、「スロトレ」は新たなブーム!?


下記が掲載された記事です。




太り気味なので、何か運動したい。一生太らない体になる運動があると聞いたんだけど、そんなのあるの?

 あえて断言しましょう。あります! 

 筋肉トレーニング、それも、スロートレーニング(略して「スロトレ」)がそれ。

 「なんだ、それなら聞いたことある。でも、スロー(ゆっくり)で楽な運動で本当にやせるの?」。そんな声が聞こえてきそうだ。

 「スローだから楽、というのはまったくの誤解。スロトレは、『手っ取り早くきつくする運動』と言えます」

 「一生太らない体のつくり方」(エクスナレッジ刊)の著者で、ボディービルダーでもある東大教授(身体運動科学)の石井直方(なおかた)さんはそう説明する。

 たとえば、太ももの筋肉を主に鍛えるスクワットの場合、ゆっくりした動作でひざを屈伸する。ひざを曲げきったり、伸ばしきったりせず、運動の間中、ずっと筋肉の緊張を保つのがポイントだ=イラスト参照。これが結構キツイ。

 筋肉が緊張して血流が制限され続けると、脳が「大きな負荷がかかった」と錯覚を起こす。すると脳は成長ホルモンを分泌させ、筋肉が大きくなる、という仕組みだ。


 「ゆっくりできつい」ことが実感しにくい人は、試しに、長い階段を一段飛びで、ゆっくり上ってみよう。勢いをつけて上るより、はるかに太ももの筋肉が疲れるはずだ。

 でも、筋肉を大きくすると、なぜやせるのだろうか。ジョギングなどの有酸素運動の方が効果があるのでは?

 「その秘密は、基礎代謝にあります」と石井さん。

 やせるためには、食事から摂取したエネルギー量を、運動などで消費するエネルギーが上回ることが必要。ところが、人が1日に消費するエネルギーのうち、運動で燃やすのは3割程度に過ぎない。7割程度は、実は「基礎代謝」による消費なのだそうだ。

 基礎代謝とは、生命を維持するために体が消費するエネルギーのこと。筋肉や肝臓、腎臓などは、じっとしている間もエネルギーを消費している。うち最も多い3割は、筋肉による消費。つまり、筋肉が大きければ大きいほど、効率的に脂肪が燃えるわけだ。

中年以降、食事や運動の量は変わらないのに太ってしまうのも、筋肉が減って基礎代謝が下がるから――。ということは、「一生太らない体」を作るには、筋トレをずっと続けなきゃダメってこと? 

 「その通り。スロトレなら軽い負荷でできるため、関節を痛めず、心臓などへの負担も軽い。続けられる筋トレなのです」と石井さん。

朝に運動すると、その後一日中、代謝の高い状態が続く、という研究もあるそうだ。スロトレの後に有酸素運動をすると、さらに効果的だという。(山口博弥)

(2009年4月2日 読売新聞より)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/feature/20090402-OYT8T00777.htm



虎ノ門書店でも「スロトレ」の本が並んでいました。

やっぱり今、新たなブーム!?

ご興味のある方、ぜひお試しあれ!!



ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いいたします!!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村


Ranking

人気ブログランキングの1票はココへ



下記のブログも書いてます。
是非こちらもお立ち寄りください!

カラダ革命http://blogs.yahoo.co.jp/moana_613
老化と戦うために毎日簡単トレーニング 『moanaのマイトレ』http://blog.goo.ne.jp/moana787/
07:07:16
おはようございます。moanaです。


先日、朝2分の簡単ダイエットをご紹介しましたが、皆様その後実行されているでしょうか?



私はもちろん、実行していますよ。

ただ、実行しているから成果が上がるかどうかというのがポイントですよね。

自分自身が実際にやってみて、????と疑問に思ったことがありました。


それは、ただ伸びをすればいいだけではないということ。

背中を開くための呼吸では、かかとを押し出すのですが、その際のつま先の方向が重要です。
ただ踵を押し出すのではなく、つま先をまっすぐ天上方向へ(床と直角)。
内側や外側に倒れないように意識した上で、伸びをする。

このつま先の方向はとても重要です。

ここを間違えてしまうと効果はあまり期待できないのでは?



さらに、息を吸いながら伸びをして、息を吐き脱力。

この脱力のときに思いっきり脱力。

ここもポイントだと思います。その分しっかりと息を吸いながら気持ちよく伸びをする。

強弱をつけることが大切です。




是非、明日からは2分間、意識をしながら行ってみてください。


04:43:35
おはようございます。moanaです。

今日はこれから茨城の岩瀬桜川CCで今年初のラウンドです。
ゴルフ場近辺の温度はどうやら朝はマイナス5度!?

どうなっちゃうのでしょう?

でも楽しんできたいと思います。


今日は、ちょっとうれしい話を・・・



昨日ジムで、ピラティスのクラスで一緒の女性とばったり。


その方から、


ピラティスを始めたころから比べると細くなったのでは?
頑張っているんだなあと思っていたのよ。


とうれしい言葉をいただいちゃいました。



こういう言葉が一番はげみになりますよね。


誘惑に負けないように頑張るぞ!
18:02:06
ヤフーでキャベツダイエットを紹介していました。


食事の前にキャベツを10分間よくかんで食べるだけという簡単なもの。

さらにはおなかがすいたらキャベツを食べる、

ただこれだけ。


痩せる理由は、



上手に脳をだまして満腹中枢を刺激するからだそう。


そしてキャベツに含まれている成分による効果は・・・・


1)滋養強壮作用を持ち、頭の働きをよくする

2)キャベジンとも呼ばれるビタミンUには、胃腸の粘膜の新陳代謝を活発にし、さらに肝臓の働きを活性化する効果、蓄積された余分な脂肪を減らす

3)コラーゲンの生成を助けて美肌に、さらにはしみや白内障にも効果あり

4)キャベツに含まれるイソチオシアネートには、発がん物質の活性化を抑える



だそうです。


生のままだと結構疲れちゃって他の物を食べなくて、いいかもしれませんね。



自炊している方には経済的にもお手頃なので試してみてもいいかも?


そういえば、私もハワイで貧乏生活しているときに、よくキャベツを食べていたのを思い出しました!!
19:40:43
年明け早々風邪をひいたのがきっかけで、体重が減って、いい感じでキープしています。


その理由(要因)は・・・


食べる時間と食べる量。


詳しくは、こちらのプライベートブログをのぞいてみてください。


http://blogs.yahoo.co.jp/moana_613/22574758.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。