カラダ改造計画! 日々の努力がカラダを作り上げます! 何歳になっても格好良いカラダ維持するために、大いに投資しちゃいましょう。
2008/12«│ 2009/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2009/02
文字サイズ文字サイズ:小文字サイズ:中文字サイズ:大
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:57:44
昨日、参加した腸内デトックスヨガ。

その中で教わった腸のマッサージを紹介します。


まずはあおむけになって、小腸のマッサージ。

おへそのまわりを「のの字」にさすった後、おへそから指3本くらいのところを人差し指と中指で直角に押し当てて、そのまま「のの字」。
これをおへそのまわりを数か所にわけて行います。

場所によってはちょっと硬い?なんていうことも。

そのときはちょっといた気持ちいい感じでマッサージ。



その後は小腸のまわりの大腸を刺激。

まずはおなかの外側をゆっくり「のの字」にさすって、その後は、上行結腸の下側(右の骨盤の内側)を先ほどと同じように、人差し指と中指で直角に押し当てて、そのまま「のの字」。

次は、そのまま上にあがってろっ骨の内側を同じように刺激。


そして次はそのまま横行結腸の真ん中、みぞおちのあたりを刺激。そしてそのまま横へ。

左側のろっ骨の内側を刺激。


そのあとは下行結腸にそってまっすぐ下へ。
左に骨盤の内側を刺激。

ここが硬くなっていると腸が詰まっているという証拠だそうですよ。


そのあと左の骨盤の内側から恥骨に向かって斜め下に向かって刺激。



この動きはまさに大腸の動きに合わせて刺激しているんですよね。

http://www.misagodo.com/kanpo/byoumeikanpoyaku/benpi/index.html

このページは漢方薬についてなのですが、ちょうど腸の図がわかりやすく書いていあるので参考に。



この後お腹の周りのリンパの流れも刺激。

背中側からおへそに向かってリンパを流す、さらには恥骨からおへそに向かってリンパを流す。



できれば洋服の上からではなく、肌に直接触れながら、マッサージクリームなどですべりをよくして行うと、さらに効果的だそうです。



昨日も書きましたが、腸にはリラックスが大事ということなので、お風呂上がりなどに肩の力を抜いて、試してみてくださいませ。


爪が長い人はおなかに後がついてしまうので気をつけて。
私は、おわった後、ちょっとすごいことになっていましたので・・・




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。